三の丸歯科医院

SANNOMARU DENTAL CLINIC

ドックベストセメント

home >診療科目 >ドックベストセメント

 

ドックベストセメント

 

虫歯を削らず銅イオンで治す!病原菌をドックベストセメントで退治すれば組織も自然に修復する。

 

 

ドックベストセメント(Doc's Best Cements)による新歯科治療

当院では2002年より3Mix-MP法を行ってまいりましたが2010年より更に進化したアメリカ発のドックベストセメントにより痛くない、削らない、神経を取らない治療が可能になり患者さんにも喜んでもらえることを確信しております。

「虫歯になったところは削る」そんないままでの歯科治療の常識とはまってたく異なる「内科的歯科治療」虫歯の病原菌を100%退治するセメントを使ってカゼを治すように、虫歯を治します。

 

 

“削る”治療から“残して生かす”治療へ

従来の虫歯治療は、簡単にいえば、「削って、詰める」というものでした。菌に侵された部分はとり除きそのかわりに人工物を詰めるというわけです。このように、歯科では常識とされている治療法は、じつはもっと広い目で見ると、たいへん“非常識”なものだともいえます。というのも、虫歯は、病原菌によって引き起こされる疾患。つまり、インフルエンザがインフルエンザウイルスに感染して引き起こされているのです。こういった病原菌が原因の疾患は、抗生剤によって、病巣を無菌化するという治療が一般的に行われています。しかし、なぜか虫歯治療だけは、悪さをする病原菌を殺菌するのではなく、菌に侵された部分をとり除くという治療を行っているのです。ドックセメントはこの従来の歯科治療とは異なり、内科治療と同じように、「病原菌を退治して治す」という治療法。虫歯を引き起こす病原菌銅イオンを含むドックセメントを虫歯につけることで病巣を無菌化するのです。こうして病巣が無菌化されれば、人間が本来持っている自然治癒力によって、虫歯だった部分にカルシウムが戻り、かたい歯に再生されていきます。また、病原菌による疾患であれば、虫歯に限らず、歯根の治療にも有用です。抜歯しか手がないといわれていた歯根の疾患でも、歯を抜歯から救済できる場合もあります。

 

Drフレーザー開発のドックベストセメントです。

 

 

症例1

通常なら神経を取る治療が優先される。

ドックセメント+コパライト

ドックセメントで一年間経過観察、術後は多少冷水通がありましたが大丈夫

 

 

症例2

痛みがあり冷水痛、通常なら神経をとらなければなりません。

ドックセメントを詰めその上にフジナインを充填経過観察をしています。痛みは消失

 

 

症例3(根の病巣治療)

根の病巣があまりにも大きく通常なら抜歯症例となりますが今回はドックセメントで根の治療を三回しました。

ドックセメントシーラーで根の治療を終了経過観察に入ります。

二ヶ月後病巣は縮小傾向にあります。

   

八ヶ月後病巣は完全になくなり歯を残すことができました。

   

 

 

ドックベストセメントの利点

 

  • むし歯をあまり削らないで処置が可能

特に入口は小さく、中が果てしなく広い虫歯には最高の威力を発揮。痛みのない、しかし虫歯が大きくなってしまった歯は、むし歯をしっかり取る刺激だけで戻らない強い痛みが出てしまうことが多いのですが、その可能性がかなり減らせます。

 

  • 麻酔注射がほとんど必要ない

麻酔をすること自体、歯の内部を陰圧にしてしまうために神経によくないのですが、大きなむし歯を徹底的に取り除くのはふつう麻酔なしでは無理。しかし、この方法ではすでに崩れている歯の表層近くしか削る必要がないため、極端な痛がりの方以外はほぼ麻酔が必要ありません。

 

  • 歯の神経を取らずに済む

痛みがなくとも、むし歯自体を取りきってしまうと、同時に神経に達する穴があいてしまい、仕方なく神経を取ることは今までの治療では頻繁にありましたが、この治療法のおかげでほとんどその心配がなくなりました。特に子供~学生のような若い方の急速に進んだ虫歯の処置に今まではいつも悩まされていましたが、現在は大変簡単に処置を終えることができてとても幸せです。(神経を取ってしまうと歯は極端に弱ってしまうと同時に、神経自体をすべて取りきれるという保証もないため、常に再発の危険歳を抱えることになります。)

 

  • 簡単操作・セメントの抗菌性は長持ち

一度つめたドックベストセメントは硬化後も抗菌性が持続し、その効果がほとんど弱くならないため、3MIX法と比べて簡単で、しかも3MIX法のように①薬剤の保存方法を厳格に守らないといけない②使用後数日で薬効が消えてしまう③水分が混じると薬の効果がすぐになくなってしまう④薬の層が固まらず、空間を歯の中に残してしまう…などの問題点が全くない。

 

 

ドックベストセメントの欠点

 

  • 健康保険が使えない

この治療法は現在の日本の保険適用項目にないために、経過観察を含めてすべて自費治療となってしまう。(これは3MIX法も同様です。また、歯科医院の収益の問題で、この治療にかかる費用を極端に安くすることは難しいと思われます。なぜなら、かなりの割合でドックベストセメントをつめて経過観察あるいは積極予防で経過観察になってしまうため、本気で取り組む歯科医院自体の経営破たんをきたしてしまうから。)

 

  • 経過観察が欠かせない

極端に大きくなった虫歯を対象とした場合、術後の状況変化をしっかりチェックしないと中で神経が死んでしまったりしても見逃してしまうことも起こりうる。すべてのむし歯を必ず救えるわけではないため、治療を受ける患者さんの理解と協力が何よりも大事。

 

  • 痛みの強い歯・すでに歯の大部分が崩壊している歯には使えない

痛みのある歯に無理に使うと、治るどころが症状を悪化させてしまいかねない。また、神経が大きな問題を抱えている場合、術前に痛みがなくとも術後に痛みが出てしまうこともまれにある。

 

  • 見た目が気になる場所の虫歯には使えない

変色・着色した虫歯でも取りきらないため、歯の健康よりも審美的欲求が強い場合にはお勧めできない。また、大きな虫歯の保護のため、ドックベストセメントをつめた上を仮のセメントや樹脂で覆ってあまり対向の歯と接触しないようにして経過観察に入った場合、半年~2年程度経過後に再修復になるが、そういうスパンでの治療が面倒だと思われる場合はお勧めできません。

 

  • 明らかに適応症かどうかの基準が明確ではない

どんな治療においても言えることですが、個々の状況に対応する完璧な基準は存在せず、またこの方法自体、よりチャレンジ的に歯の質の保存・神経の温存を狙ったものなので、中には(まれにですが)症状が悪化して神経を取らなければならない場合も出てきます。ただ、この方法にチャレンジしなければもともと神経を取らなければならない状況だったという場合がほとんどなので、かなりの割合で神経を残し、歯の質の量の消失を防げるこのセメントは大変ありがたい存在です。

 

 

 〒310-0011
 茨城県水戸市三の丸1丁目1-27

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る↑