三の丸歯科医院

SANNOMARU DENTAL CLINIC

home > セミナーについて

 

噛み合わせ全身セミナー

 

院長は歯と全身の関係を啓蒙するため、全国の歯科医師にセミナーを行なっております。

首こり、後頭部、背中の痛みなど筋骨系の症状だけでなく、頭痛、めまい、手のしびれ、婦人科系疾患・・・多岐にわたり様々な症状が歯(噛み合わせ)と関係しているという今までの概念を覆す理論でセミナーを行い歯(噛み合わせ)の重要性の普及活動を全国で行なっております。

 

セミナー概要

 

なぜ同じ程度に磨いていたのに、晩年にほとんど歯を失わない人と総入れ歯になる人が存在するのか?

なぜこんなところに歯のすりへりが?

 

 

これらの疑問を解決するのがJSC療法です!

 

現代人は噛み合わせが低く、歯列のアーチが狭いです。そのため舌根沈下が起こり、息苦しくて熟睡できずに、血中酸素濃度の低下、免疫力の低下、そして下顎の側方偏位による頭蓋骨・視床下部の圧迫によるホルモン中枢のダメージ……あらゆる不調へと直結してしまいます。

すなわち、噛み合わせの高径を高く、アーチを広く、そして安定して下顎がまっすぐ全方位を取れるようにできれば熟睡できて、血中酸素濃度が上がりその上免疫力も上がります。また歪(ひずみ)が少なくなり……こうなれば健康になるしかないのです。

高血圧、うつ、不眠など、薬での対症療法が延々と続いて、薬を山のように飲んでいる人がいっぱいいます。

『病気になったら歯医者に行こう』こういう時代が必ずきます。

 

 

JSC療法とは

 

JSCとは「Jaw reformed Self Control」(顎移動によるセルフコントロール)を省略したものです。

この療法では、歯の噛み合わせを調整し、生体バランスを整え、血液と神経の流れをスムーズにして自然治癒力を高めることにより、“体の修復”や“健康維持”を目指しています。

現在具体的な病気や不定愁訴の症状を持っていない方でも、将来起こりうるであろう病気を未然に防ぐことが期待できます。

そしてJSC療法でもっとも重要視しているのが、寝ている時の呼吸を求める顎の動き「呼吸位」なのです。かの有名な野口英世も「全ての病気の原因は酸素不足である」と言っているように、“いかに寝ている間に全身に酸素を送り込むことができるか”これが私たちの健康に最も重要な要素となってくるでしょう。

 

 

開催日時

開催日 場所(タイトル) 備考
⑬2018年9月1日 相模原市-国民生活センター
日本医療福祉学会全国大会に於いて「歯科は子供の成長発育応援隊」というタイトルで発表します
 
⑫2018年8月5日 東京-RF研修室(子供の成長発達セミナー)  
⑪2018年3月4日 東京-青山  
⑩2018年1月21日 さいたま市 終了
⑨2017年10月15日 さいたま市-大宮サポートセンター 終了
⑧2017年8月6日 さいたま市-大宮ソニックシティー(JSCベーシックコース) 終了
⑦2017年7月26日 宇都宮-ケーオーデンタル営業所 終了
⑥2017年6月25日 新潟-朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 終了
⑤2017年5月28日 金沢市 終了
④2017年5月21日 秋田市 終了
③2017年4月23日 仙台市-PARM-CITY131貸会議室 終了
②2017年4月2日 水戸市-茨城県立県民文化センター 終了
①2017年1月22日 郡山市 終了

 

 

セミナーの様子

 

   

 

 

 

 〒310-0011
茨城県水戸市三の丸1丁目1-27

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る↑